ライフスキル|アサーティブ|モチベーション|マネジメント|ワークプレイス・ラーニング|株式会社マートワン
ライフスキル|アサーティブ|モチベーション|マネジメント|ワークプレイス・ラーニング|株式会社マートワン 正しいマネジメント マートワンのメールマガジン 仕事は愛だと語り続けるコラム マートワン カスタマ・サービス マートワンのサイトマップ

マートワンのビジネスアサーション 男前プロジェクト

男前・ハンサムウーマン

アサーション研修
アサーション権
ビジネス・アサーション
アサーション権1
アサーション権2
アサーション権3
アサーション権4
アサーション権5
アサーション権6
アサーション権7
アサーション権8
アサーション権9
アサーション アサーティブのイエスイエス
イエスを救う
ビジネスアサーションで「YES」を探そう
WIN-WINができない原因
モチベーションの素 自己効力感
自己効力感
アサーション1コミュニケーション
コミュニケーション力
重要なのは答えを知っていること。
ビジネス・アサーションは、こんな問題をこう変える
ギブ・アンド・ギブン
強みに特化する
八甲田山に学ぶ
アサーション・アサーティブのための尊敬語・謙譲語・丁寧語
  自分を知る
他者を知る
人間に関する12の真実とアサーション
アサーションはチームワークに使う
やりたいことをしたらWIN-WINになる
アサーションとWIN-WINのルール
アサーションに関する3つのタイプ
新しい習慣を自分の生活に導入する
アサーションは積極的に相手目線を使う。
マネジメントのツボ
アサーティブなビジネスの現場から〜リピートしない理由
アサーションなビジネス電話
スイッチチェンジ
アサーションのコア、スイッチチェンジ。

相手目線を忘れたら スイッチチェンジができなくなる。

思い込み VS スイッチチェンジ
スイッチチェンジのスイッチの入れ方
スイッチチェンジで思い込みスパイラルからの脱出
ピンチな状況をDESC法を使って最適化する
どうして違う認識が生じるのか「職場の人間関係という問題
再現性とメリット
スイッチチェンジが難しい人
対等であること〜マネジャー のルーチンワーク
スイッチチェンジ 事例 成果が出せない部下をアサーティブに励ます
アサーション スイッチチェンジの事例 上司が話を聞いてくれない。
素直な気持ちを上手に伝えるアサーティブ・コミュニケーション
アサーティブ・コミュニケーションで「グチ、妬み、怒る」から自分を解放する
アサーティブ・コミュニケーション 上司が頑固で話が通じない場合
3つの事例で考える「アサーティブ」ということ。
お客さまが間違えた事例 スイッチチェンジで「アサーティブ」に問題解決
アサーティブ
ライフスキル
スイッチチェンジ 事例 予算不足で企画が暗礁に
ブログ
ビジネスアサーション
 ビズ・アサーティブ

セミナーご案内

eラーニング
 
メールマガジン
 
ビジネスアサーション
ビズアサーティブ
ライフスキルで自分を動かす
 
お問い合わせ
無料ご相談フォーム
 
じぶんちから再生プロジェクト
 
会社概要
プライバシー・ポリシー

マートワンの考え

 
マイ@プロジェクト
マイ@プロジェクト
とんがるモチベーション
とんがるモチベーション
 
自己効力感
 マートワンのビジネス・アサーション
 男前プロジェクト

モチベーションの素 自己効力感

セルフエスティーム(self-esteem)は、自己肯定感のことで自尊心です。
これに似た言葉に心理学用語「自己効力感(self-efficacy)」があります。

自己肯定感(セルフエスティーム)は、自分自身の価値に対する感覚を表現していますが、心理学者アルバート・バンデューラ(カナダ)が提唱した自己効力感は、目標に到達する能力に対する自分の感覚を表現したものです。

「自己遂行可能感」・・・つまり自分の目標達成能力についての有能感を表しています。
人がある行動を起こそうとする時、自分がどの程度うまく行動出来そうか、その程度の予測によって、その後の行動が予想に適応した形で起こります。

ある課題と向かい合った場合、自己効力感の高い人は、「自分にはここまでできる」と予測することで、「よし、やってみよう」とモチベーションが高まり、その後の行動に発展的につながり、その連鎖によって自己効力感が維持あるいは高まりが続きます。

一方、自己効力感の低い人は「その課題は自分にはできない可能性が高い」と予測するために尻込みする傾向にあり、課題と行動の間に断絶が起こり、その後の行動にはつながらなくなります。消え入るようにモチベーションも下がり成果も出ません。
つまり人が行動を起こすには、自己効力感を通り抜けなくては始まらないと言えます。

この傾向を日常的に、楽観的、悲観的と呼んでいますが、楽観とは、物事について気にしない性格を言うのでなく、むしろ逆で、細心の注意によって必要なことを正しく計画、準備して、合理的な行動を重ねて行くという確かな裏付けに支えられた態度と言えます。

自己効力感は、主に次の4つの源泉によって形成されるといわれています。

1.達成体験
自分自身で行動によって、達成した体験のことです。
自己効力感を定着させるうえで、最も効果的といわれています。

2.代理経験
他者が達成している様子を観察して、想像をかきたて「自分にもできそうだ」と予測すること。
自分自身が直接、体験できる範囲は限られていますが、代理経験を使うことで仮想体験が可能になります。
代理経験で得られる自己効力感の影響は大きいと考えられています。身近なものでは「読書」から得られる情報によるバーチャル体験です。

3.言語的説得
達成の可能性を、言語で繰り返し説得すること。
しかし、言語的説得のみによる自己効力感は、容易に消失しやすいといわれています。
言語的説得はきっかけでしかないと割り切って、早期に達成体験によって自己効力感を定着させるのが効果的です。

4.生理的情緒的高揚
苦手だと感じていた場面で、動揺することなく落ち着いていたり、身体的な変化が起こらずにすることで、自己効力感が強められることを言います。

以上から言えることは、自己効力感は、小さな成功体験を繰り返して、蓄積することで高める一方、目標とするモデルを心理的に身近なところに見つけて成功を発見することで仮想体験的に、自己効力感を育てていくことができます。

簡易なものとしては読書もそのひとつです。自分自身にできるのは概ねここまでですが、代理経験を通じて、さらに自分の自己効力感を高めることができます。
この能力がリーダーシップに発展していきます。

周囲の誰かを自己効力感を高めたいと思い、言葉による説得を根気よく続けることによって相手だけでなく、自分の自己効力感が高まります。
さらに相手がチャレンジする代理経験を通じて、自分のスキルも高まります。

自己効力感が高まると、自分から課題に取り組む意欲がみられるようになります。
学習への意欲が高まるようになり、自律的な行動の変化が起こるようになります。
すると新たな業務、異なる分野など、いままでと違った行動が求められる時に意欲的になります。

自己効力感が増大するに伴い、内発的な興味も育っていくようになります。
新しいことに前向きに挑戦していくためには、スキルの根本に自己効力感の存在が必
要だといえます。

実は業績に直結している自己効力感、育む方法は先にあげた4つの源泉。
日常業務に、どう落とし込むか、管理者の腕前が問われています。

 

ビズネスアサーション WIN-WIN(ウィンウィン)ができない原因 自己効力感 自己効力感

マートワンのビジネスアサーション

「マートワンのビジネスアサーション・プロジェクト」は、自分と他者を同じように大事にしながら、WIN-WIN(ウィンウィン)な関係を構築する自律型結果志向恊働主義をご提案しています。

アサーションに似た言葉には【アサーション Assertion】【アサーティブ  Assertive】【アサーティブネス Assertiveness】があり、それぞれ微妙に意味が違います。

【アサーション Assertion】遠い関係のものが近づくようにする活動
【アサーティブ  Assertive】自他ともに大事にする表現をする
【アサーティブネス Assertiveness】自他ともに大事にされた実感の持てるWIN-WINな関係性

アサーションがいまほど問われる時代はありません。厳しい経済状況、精神性の崩壊、価値観の混迷などに切り札として機能するのは、アサーション、アサーティブ、それを職場に活かすことで得られるメリットをご紹介しています。「マートワンのビジネスアサーション・プロジェクト」は矛盾のない世界をご提案します

じぶんぢから再生プロジェクト ゲンキポリタン
マートワンのビジネス・アサーション

 

ホームモチベーションビジネス・アサーションアサーティブネスメールマガジンブログカスタマサービス

会社概要プライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ


マートワンのビジネス・アサーション
 株式会社マートワン

Copyright (C) 2002-2009 MART ONE Inc.All rights reserved